スタッフブログ 門司

お仏壇を持つ意味とは・・・

IMG_1815

毎日、寒い日が続いていますね。

ところで皆様のおうちにはお仏壇はございますか?

昔から先祖代々の仏壇があるというお宅や分家だから仏壇は無いという方まで様々です。

お仏壇の始まりは7世紀後半、天武天皇の時代にさかのぼります。

日本書紀によると、西暦685年3月27日、

「諸国の家毎に仏舎を作り、仏像と経を置きて礼拝供養せよ」という勅令が発布されたのが

始まりです。その当時はまだ貴族などの上流階級の者しかできませんでした。

その後、室町時代から桃山時代にかけて武家の住宅に書院造という形で床の間ができました。

今はどこのお宅にも当たり前のように床の間がありますが、

本来は仏様を祀るために作られたものなんです。

床の間には何が飾ってありますか?掛軸、花瓶、香炉、大事な高価なものが飾られていますよね?

これはその当時の名残なんです。

知らなくても当たり前のように日本人の心の中に根付いていますよね。

その後、江戸時代から金仏壇の製造が始まり、明治時代からは唐木仏壇、

現在の家具調仏壇へと種類も多様化していますが、各家庭に普及しています。

今の自分がある、ご先祖様に対して感謝したい、

身近な方が亡くなり手を合わせる場所が欲しい・・・。

きっかけは様々ですが、ちょっとひとときでも

ありがとうと感謝の気持ちを伝える空間を作ってみませんか?

 

IMG_1815

 

 

今年も一年、お世話になりました。(お仏壇のせいぜん門司店)

IMG_1659

早いもので、今年ももう残すところあと一日となりました。

年末の大掃除も終わり、腰の痛みと筋肉痛が残っております(笑)。

当社は各店舗の大掃除(床のワックス掛け)をお盆明けと年末の二回しているのですが、

業者さんを入れず、自分達の手で掃除しています。

これは昔からの当社の伝統で、自分たちの手できれいに掃除をすることによって

店舗を常にきれいにするという心掛けや、自分たちが働かせて頂いている店舗に感謝する気持ちを

あらためて思い起こさせてくれます。

それに床がピカピカになると気分が良いですよね!

これで心置きなく新年が迎えられます。

1月3日より初売りセール開催です。

新年のおめでたい月に、ご先祖様のおうちであるお仏壇を準備することは

とても縁起が良いことと言われております。

どうぞ皆様にとって来年が良き年となられますよう心よりお祈り申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。IMG_1659

年の瀬が近付いてまいりました。(お仏壇のせいぜん門司店)

IMG_1611

こんにちは。

早いもので今年も残りあと少しとなりました。

年末になると自然と慌ただしくなります。

最近は家族葬が増え、年末に喪中はがきが届いて初めて

友人・知人が亡くなったことを知ることが多くなりました。

お店にも何を差し上げたらいいのだろうとご相談に来られることが増えました。

お花、お菓子、、、やはりおすすめはお線香です。

仏様になられた故人様へのお食事として。

残されたご家族の方への心の癒しとして。

お線香は重要な役割を持っています。

故人様のお仏壇の前で、香りの良い上質なお線香をくゆらせて

ひとときの思い出にひたられるのもよろしいのではないでしょうか。

 

 

ほとけさまもおひっこし

日に日に寒さが厳しくなってきますね(>_<)。

さて年の瀬も近い中、今、お仏壇のお買換えが増えています。

その理由はといいますと・・・

1、引っ越しの為お仏壇が大きくて持っていけない!

1、実家に誰も居なくなり、仏さまを引き継ぐことになった!

などなど。

マンションにお住まいの方もいらっしゃるのでだんだん小型化していますが、

あまりにも小さすぎると御位牌や御供えが思うように入らないので、

気持ち大きめがおススメです。

カッコいいお仏壇も出てきています。今回ご紹介しますのは・・・

IMG_1596

高級家具などに使用される、カーリーメ―プルを使用しています。

ブルータイガーアイのような神秘的な色合い。

クリスタルの仏具を合わせるとさらに引き立つ!

写真だけではこのお仏壇の美しさが伝わりませんのでぜひ実際にご覧ください。

 

門司店のお仏壇に備えたい人気お線香ランキング

IMG_1482

朝晩随分と涼しくなりましたね。

門司は自然が多く、レトロな街並みや源平ゆかりの史跡もあったりと

落ち着きがあり、とても住みやすい所だと思います。

自然が豊かなので今の時期夜になると虫の鳴き声がすごいです。かなりの大合唱です\(◎o◎)/

お寺も多く、お仏壇を所有されている方も多いので、普段でもお線香がよく売れています。

良い香りのお線香は仏様にとっても御馳走となるので良い香りのものを選んでいただきたいです。

というわけで今回は門司店の売れ筋お線香をご紹介させていただこうと思います。

まず第一位は!!

IMG_1482  ききょう紫

煙も少なく香りもやさしいのでリピーターさんも多いお線香です。

 

第二位は!

IMG_1485  宝 ルビー

こちらも煙が少なくフローラル系のやさしい香りです。まとめ買い多し!

 

第三位は!

IMG_1483  花風 白梅

煙が少なくてその名の通り白梅のやさしく清々しい香りです。

 

第四位は!

IMG_1484  香樹林

白檀の清々しい上品な香りです。御供え物にも喜ばれます。

 

第五位は!

IMG_1486  茶花

ほのかに甘みのあるやさしい香りです。

 

今回ご紹介したお線香はいずれも定期的にまとめてご購入されるほどの人気商品です。

まだまだ他にも良い香りのお線香がたくさんありますが、ご紹介しきれないのが残念です。

ぜひお店に来てみてください!

お気に召される香りが見つかるお手伝いをさせて頂きます。

 

秋の夜長に何を想う・・(お仏壇のせいぜん門司店)

お盆も終わり、今度はお彼岸が近くなりました。

芸術の秋、食欲の秋・・・。美術館などに足を運ばれる方も多いと思います。

最近は仏像を観賞用にご購入される方もいらっしゃるらしく、

一家のお仏壇に一体という形ではなくなってきているのかもしれません。

しかし仏像をクローズアップして見てみると・・・

IMG_1460大日さん

綺麗です・・。癒されます・・・。

お顔も穏やかで、見ているだけで気持ちも穏やかになってきます。

飛鳥時代から仏像彫刻の技術が入ってきましたが、この柔和で穏やかな表情は古来より培ってきた日本人

独自の伝統技術です。

こういった形で古来より人々の心を癒してきたのでしょう。

現代の人々も今の時代に様々な形で心の癒しを求めているのかもしれません。

もうすぐお盆ですね

IMG_1372がちゅぴん

こんにちは。

もうすぐお盆の季節がやってきますね。仏壇屋はこの時期が一番忙しい時期です・・・。

日に日に慌ただしくなり、ハッと気付いた時にはもう秋の風が吹き、秋の虫の声が聞こえるという・・・

今年もそんな季節がやって参りました。

年々お盆の提灯を飾る数や形状など様変わりし、時代の流れというものを感じますが、

故人様への想いやご先祖様への感謝の気持ちはいつまでも変わらないものだと常に感じます。

今年もさらに暑くなりそうですが、皆様のお役に立てるよう、頑張って乗り切ります!!

ごあいさつ

お客様の立場に立った、お役に立てる店を目指して日々ガンバリます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。