お仏壇・仏具の歴史

お仏壇の歴史

日本でお仏壇が祀られるようになったのは、1300年ほど昔の天武天皇の命がきっかけだと言われています。法隆寺にある「玉虫厨子」は日本の仏壇のルーツ的存在です。ですが、その頃は貴族や役人などごく一部の人だけが祀っていました。

鎌倉時代には禅僧達によって、中国の儒教の祭具だったお位牌が日本に持ち込まれました。

室町時代には、浄土真宗の蓮如上人が、多くの人にお仏壇を持つことを勧めたため、お仏壇が一般信者の間にも広がりました。

また、室町時代には「書院造り」という住宅形式ができて、「床の間」が作られるようになりました。そして、ここに仏画を掛けたり、仏具を置いて礼拝するようになりました。

全国的に庶民がお仏壇をお祀りするようになったのは、江戸時代です。庶民がお位牌を祀るようになったのも江戸時代です。こうして、現在につながる伝統ができあがりました。

このように、仏教と先祖信仰や葬式が強く結びつくようになったのは、江戸幕府の宗教政策である檀家制の影響が強いと言われています。