スタッフブログ 門司

あっという間に・・・

IMG_2343

こんにちは。忙しかったお盆もあっという間に過ぎ、

夜にはもう虫たちの大合唱が聞こえるようになりました。

年二回の大掃除も他店舗からのご協力をいただいたこともあり

スムーズに作業が進み、店内もピカピカになりました!

ありがとうございます(*^_^*)。

IMG_2343

これで心機一転、きれいなお店でお客様をお迎えできます。

次はすぐお彼岸がきます。お彼岸のお参りには良質のお線香を。

ぜひぜひお越しくださいませ~。(^o^)丿

 

新しい仏壇が入荷しました

IMG_2100

こんにちは

数年前に比べ、現在は家具調タイプのお仏壇に買い換える方も多く、

お仏壇のデザインも多種多様になってまいりました。

今回新しく入荷したのは・・・

IMG_2100

なんだかお部屋みたいです。

最近は自由な形でお祀りされる方も多くなってきましたので

これはこれで面白いなあ…と思いました。

他にもイロイロありますので是非ご覧ください!!

 

お仏壇のリフォームの意味とは

こんにちは。毎日寒暖の差が大きくてキツイですね!

もうすぐ梅雨に入るので体調管理、気を付けてくださいね。

さて、最近、お仏壇をみる方が代わる際にお仏壇を買い換える方が増えております。

理由といたしましては、大きくて移動先に入らない、持っていけない、邪魔になる、など。

で、コンパクトなお仏壇をご購入される場合が多いです。

普段、お線香などを購入に来店されるお客様も

「うちのお仏壇も大きいからいずれ子供の代になったら小さくしないと」

というお声をよく耳にします。子供さんに先々負担を掛けないようにとの思いでしょうが・・・。

その中でも印象に残ったのが「うちもお仏壇が大きくて何年か前に塗り替えたりして

お金もかかって大変だから、子供には先々小さくしてもいいわよと言ってるんだけど、

最近、息子が帰ってくるたびにお仏壇の寸法を測ってるからどうしたのかと思ったら

息子さんが自分で家を建てるので、先々お仏壇を移しても仏間におさまるように測っていたそうで

「仏壇は僕が見るから心配しなくていいよ」と言ってくれた」そうです。

お孫さんたちも実家に戻ってくるとすぐにお仏壇に手を合わせてくれるそうです。

親御さんたちがご先祖様を大事にしている背中を見て息子さんが育ち、

またその息子さんの背中を見てお孫さんたちが育ち、引き継いでいかれるという、

とても心が温まるお話でした。

ご先祖様たちがいらっしゃったから今の自分がいるということを認識して初めて

生かされているという気持ちが生まれ、思いやりのある心が育ちます。

「うちには先祖がいないから仏壇はいらない。」とよくお聞きしますが

だれにもご先祖がいるから今の自分が生まれてきているのです。

昔の戸籍やお寺の過去帳など調べていくと古いと江戸時代までは遡れるそうです。

調べていくとたくさんのご先祖がでてきます。自分のルーツ、一度調べられてみませんか?

 

 

 

 

お盆の季節が近付いてまいりました。

IMG_2009

こんにちは。

早いものでお盆の季節が近付いてまいりました。

店内にもぞくぞくと提灯が入荷しております。

IMG_2008

盆提灯のやさしい灯りは癒しさえ与えてくれますね(*^_^*)。

本来盆提灯を飾る意味は、亡くなられた方がお盆に戻ってこられたときに

お家を間違えないように、そして戻ってこられるお仏壇の周りが寂しくないように

賑やかにお迎えする意味があります。

最近人気なのが、、、

IMG_2009

光ファイバーを利用したルミナスシリーズ!!

年中使えて、お仏壇周りがとても賑やかになります。

初盆のお供え物にも大変喜ばれるそうです。

ぜひぜひ一度ご覧くださいませ。

 

 

ただ今決算セール中。

yjimageSCPRWJD1

こんにちは。

だいぶあたたかくなりましたね。昼間は逆に暑いくらいです。

唐突ですが、ただ今、全店決算セール中でございます。

新しくお仏壇をお求めになられる方、お引越しや引継ぎなどでお買い替えをご検討中の方、

今がチャンスです!!

もうすぐお盆の準備も始まります。ぜひぜひご来店くださいませ。

春の香りといえば・・・

Attachment-1

長かった冬も終わり、やっと暖かくなる時期がやってきました。

桜の開花も始まり本格的な春がやってきますね。

桜が満開に咲くとテンションも上がります(笑)。

・・・という感じで桜がお好きな方、多いと思います。

お仏壇に使われる彫刻や蒔絵のデザインは仏教にちなんだものが多いのですが

最近は桜のデザインが施されたものが増えてきました。

桜が咲く華やかさと散っていくときの儚さが人の一生と重なるということで使われるようです。

大事な方が亡くなられて、桜が咲くのを楽しみにしていたのに、見れなかったから、、、と

桜のデザインのお仏壇をご購入される方もおられます。

お仏壇がすでにおありの方は、桜の香りのお線香もございますので

この季節、お使いになられてみませんか。

Attachment-1

 

 

春の嵐でもお客様がお仏壇をご購入するためにご来店下さいました。

IMG_1896

こんにちは。最近春の嵐が何回来るのだろうというくらい来てますね。

暖かくなったと思ったら急に寒くなったり。着ていく服の調節も難しいです(>_<)!

この時期はこんな感じでだんだん暖かくなってくるのだろうけれど

これだけ大荒れだと厳しいです。

でもこんなお天気の日でもわざわざお仏壇をご購入にご来店下さいました。

数あるお仏壇店の中からうちを選んでいただいて

お客様にはただただ感謝の念しかありません。

どうもありがとうございます!!

IMG_1896

春の新作仏壇入荷しました!

かわいいデザインです♡

本日より春のお彼岸セール開催です!

yjimage8J3E19J9

毎日、寒い寒い寒い日が続いております。

防寒対策はバッチリですか?

ちょっと早めですが本日より

春のお彼岸セールを開催致しております。

お盆に次ぎお彼岸も仏様とのつながりを感じる良い機会だと思います。

お仏壇をきれいにすることや気にかけてあげるだけでも

いい御供養になられるのではないでしょうか。

何もないときに仏壇をさわったらいけないという言葉をよく耳にしますが

いつも気にかけていてあげる方が逆の立場だと嬉しくありませんか?

一つだけでも何かしてあげられるとなぜか心がやすらぐ感じがします。

これが仏様とつながっているという証なのかもしれません。

yjimageSCPRWJD1

お仏壇を持つ意味とは・・・

IMG_1815

毎日、寒い日が続いていますね。

ところで皆様のおうちにはお仏壇はございますか?

昔から先祖代々の仏壇があるというお宅や分家だから仏壇は無いという方まで様々です。

お仏壇の始まりは7世紀後半、天武天皇の時代にさかのぼります。

日本書紀によると、西暦685年3月27日、

「諸国の家毎に仏舎を作り、仏像と経を置きて礼拝供養せよ」という勅令が発布されたのが

始まりです。その当時はまだ貴族などの上流階級の者しかできませんでした。

その後、室町時代から桃山時代にかけて武家の住宅に書院造という形で床の間ができました。

今はどこのお宅にも当たり前のように床の間がありますが、

本来は仏様を祀るために作られたものなんです。

床の間には何が飾ってありますか?掛軸、花瓶、香炉、大事な高価なものが飾られていますよね?

これはその当時の名残なんです。

知らなくても当たり前のように日本人の心の中に根付いていますよね。

その後、江戸時代から金仏壇の製造が始まり、明治時代からは唐木仏壇、

現在の家具調仏壇へと種類も多様化していますが、各家庭に普及しています。

今の自分がある、ご先祖様に対して感謝したい、

身近な方が亡くなり手を合わせる場所が欲しい・・・。

きっかけは様々ですが、ちょっとひとときでも

ありがとうと感謝の気持ちを伝える空間を作ってみませんか?

 

IMG_1815

 

 

今年も一年、お世話になりました。(お仏壇のせいぜん門司店)

IMG_1659

早いもので、今年ももう残すところあと一日となりました。

年末の大掃除も終わり、腰の痛みと筋肉痛が残っております(笑)。

当社は各店舗の大掃除(床のワックス掛け)をお盆明けと年末の二回しているのですが、

業者さんを入れず、自分達の手で掃除しています。

これは昔からの当社の伝統で、自分たちの手できれいに掃除をすることによって

店舗を常にきれいにするという心掛けや、自分たちが働かせて頂いている店舗に感謝する気持ちを

あらためて思い起こさせてくれます。

それに床がピカピカになると気分が良いですよね!

これで心置きなく新年が迎えられます。

1月3日より初売りセール開催です。

新年のおめでたい月に、ご先祖様のおうちであるお仏壇を準備することは

とても縁起が良いことと言われております。

どうぞ皆様にとって来年が良き年となられますよう心よりお祈り申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。IMG_1659