お仏壇・仏具の質問コーナー

仏具って何を揃えたらいいの?


こんにちは。お仏壇お墓のせいぜんです。お仏壇を買うにあたって、各宗派の祀り方など、悩まれている方はいるのではないでしょうか。

新規でお仏壇と一緒に仏具も買い換えたいけど、宗派毎に違うから小さいお仏壇を買っても入らないのでは。

という方にこそ、お仏壇お墓のせいぜんがおすすめしております、「一般的な仏具の種類」と「基本的な仏具の飾り方」についてご紹介をさせていただきたいと思います!

お仏壇と一緒に揃える一般的な仏具の種類


本来の伝統的なお仏壇の飾り方(祀り方)は、確かに宗派によって異なってきます。

しかし近年では、お仏壇のもつ本質的な意味合いが見直されたことで、宗派を超えて、新しいかたちのお仏壇の飾り方も受け入れられるようになってきています。

ただし、基本的な考え方は変わりませんので、基本に忠実な飾り方を心がけましょう。

お仏壇お墓のせいぜんにて皆さんに教えている仏具のご説明をイメージ写真でお伝えしていこうと思います。

香炉(こうろ)

お線香を焚くための仏具です。

りん

お経を唱える際、音程を整える為に用いられ、音叉の様な役割とお勤めの始まりと終わりを知らせる役割もある仏具です。

花立て(はなたて)

花を供えるための仏具です。

仏飯器(ぶっぱんき)

炊き立てのご飯をお供えする仏具です。

茶湯器(ちゃとうき)

お供えのお茶又は水を入れるための仏具です。

火立て(ひたて)/ローソク立て

ろうそくを立てるための仏具です。

仏器膳(ぶっきぜん)/仏器台(ぶっきだい)

茶湯器や仏飯器を置き、一段高くして仏様にお供えするための仏具です。

高坏(たかつき)と供花(くげ)

砂糖菓子や米菓子、季節の果物などのお供え物を盛るための仏具です。

線香差(せんこうさし)

予備のお線香を差しておくための仏具です。

お仏壇に仏具を飾ってみよう


お仏壇の飾り方(祀り方)は各宗派によって異なってくると説明をしましたが、基本的に、お仏壇はお寺の本堂を小さくしたものという考え方なので、すべての宗派とも本堂の飾り方を参考にされれば良いのですが、お仏壇のサイズには制限があります。

正しい宗派での飾り方、また地域によって異なってきますが、下記はあくまで基本的な飾り方の位置のご紹介となりますのでご了承ください。

設置図1

①最上段の中央にご本尊をお祀りし、その左右には宗祖。
又は名号の描かれた掛け軸をかけます。

設置図2

②お位牌は、ご本尊が隠れないように、二段目の左右に安置します。

設置図3

③次の段では、中央に仏器膳を置いて仏飯器・茶湯器を置きます。その左右に高杯を配置します。

設置図4

④最下段には、花立て、香炉、火立て、リン、マッチ消などを配置するのが一般的です。

お仏壇・仏具のことならせいぜんへ


お仏壇と一緒に揃える仏具類について簡単なご説明をさせていただきましたが、いかがでしたか?

お客様により良いお仏壇にあった仏具をせいぜんではご提供しておりますので、何かご譜面な点がございましたら、せいぜんにお気軽にお問い合わせください。