スタッフブログ 門司

お仏壇を持つ意味とは・・・

IMG_1815

毎日、寒い日が続いていますね。

ところで皆様のおうちにはお仏壇はございますか?

昔から先祖代々の仏壇があるというお宅や分家だから仏壇は無いという方まで様々です。

お仏壇の始まりは7世紀後半、天武天皇の時代にさかのぼります。

日本書紀によると、西暦685年3月27日、

「諸国の家毎に仏舎を作り、仏像と経を置きて礼拝供養せよ」という勅令が発布されたのが

始まりです。その当時はまだ貴族などの上流階級の者しかできませんでした。

その後、室町時代から桃山時代にかけて武家の住宅に書院造という形で床の間ができました。

今はどこのお宅にも当たり前のように床の間がありますが、

本来は仏様を祀るために作られたものなんです。

床の間には何が飾ってありますか?掛軸、花瓶、香炉、大事な高価なものが飾られていますよね?

これはその当時の名残なんです。

知らなくても当たり前のように日本人の心の中に根付いていますよね。

その後、江戸時代から金仏壇の製造が始まり、明治時代からは唐木仏壇、

現在の家具調仏壇へと種類も多様化していますが、各家庭に普及しています。

今の自分がある、ご先祖様に対して感謝したい、

身近な方が亡くなり手を合わせる場所が欲しい・・・。

きっかけは様々ですが、ちょっとひとときでも

ありがとうと感謝の気持ちを伝える空間を作ってみませんか?

 

IMG_1815